賃貸借契約におけるよくあるトラブル

賃貸借契約においては、様々なトラブルが発生します。どのようなトラブルがあるのか、いくつか類型をご紹介します。

もし、現在同じようなトラブルで悩んでいる、あるいは、少し事案は違うけど、自分の場合もどうにかならないか、お悩みの場合には、ぜひ当事務所にご相談下さい。

 

〈①賃料トラブル(滞納)〉

もっとも典型的なトラブルが、賃料の滞納です。賃料により、投下資本の回収を得ている大家さんとしては、死活問題であるはずです。

しかし、賃料滞納があったからといって、直ちに契約解除が認められるとは限らず、明け渡しの時期の問題もあいまって、深刻なトラブルに陥る可能性があります。

 

〈②賃料トラブル(賃料増額・減額)

当然のように、賃料は契約時に双方が合意をすることになりますが、双方の収入状況や地価の関係で、賃料が不相当に高額(あるいは低額)となってしまうことがあります。

その場合は、賃料の変更について協議することになりますが、これがまとまらないと、調停等に発展する可能性があります。

 

〈③用法トラブル〉

賃借人は、入居時に合意した用法を遵守し、居住しなければなりません。例えば、ペットは飼育してはいけない、営業目的で使用してはいけない、等の決まりです。

この用法に反すると、契約解除や損害賠償等の問題にも発展しかねないので、契約時にしっかり合意をし、それに則った使用をする必要があります。

 

〈④原状回復トラブル〉

契約書には、賃借人は、退去時に、建物を原状に復して明け渡さなければならないという趣旨の規定がありますが、これを原状回復義務といいます。

この原状回復をめぐっては、建物内の損傷がどういった経緯で発生したのか(賃借人の用法に伴うものなのか、以前の入居者のものなのか等)、原状回復費用の負担割合はどうするのか等の問題が発生します。

 

〈⑤敷金トラブル〉

契約時に敷金不要としている物件もありますが、敷金を差し入れる場合は、原則として、解約に全額返還をする必要があります。場合によって、敷金を一部差し引いて返金する特約もありますが、内容次第では特約の有効性が問題となる場合もあります。

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

本店電話番号リンク 所沢支店電話番号リンク 問い合わせバナー