弁護士紹介

所長・弁護士 山中 靖広

経歴

• 東京大学農学部卒業
• 東京大学大学院農学生命科学研究科修士課程修了
• 大阪市立大学法科大学院修了
• 司法研修所新60期修了
• 平成20年2月 弁護士登録、現在 東京弁護士会所属
• 一橋大学法学研究科修士課程修了(経営法)
• 外国人ローヤリングネット会員
• 東京弁護士会法律研究部(会社法部、相続・遺言部)所属

はじめに

所長・弁護士 山中 靖広代表弁護士の山中と申します。
多摩中央法律事務所の代表を務めています。
弁護士登録後、他の事務所(弁護士法人)に1年4カ月ほど勤務したのち、現在の事務所を立ち上げました。

祖父が戦前は地主の家で、戦後も長らく不動産経営(アパートや駐車場等)をしており、経営に関する話を見聞きしていたため、子供の頃から不動産には関心がありました。そこで、弁護士になってからは、宅地建物取引士(いわゆる宅建)の試験にも合格し(未登録ですが)、不動産の知識を磨きつつ、賃貸借や共有物分割、相続、など不動産に関する案件に積極的に取り組んできました。

弁護士の役割とは

弁護士は、悩みを持っている方の相談に乗ることでその悩みを解消したり、場合によっては、事件として受任して代理人として交渉や裁判などをすることで問題を解決することができます。ここで強みは、「専門家である」ということ、「代わりに(代理人として)行動することができる」ということです。

悩んでいる方が、一生懸命調べて解決しようとしても、法律は複雑ですし、解釈が難しい場合もあります。また、ご自身で交渉や裁判をすると、大変な手間がかかることもあります。その点、弁護士にお任せいただければ、専門家なので的確に状況を把握して、判断することができます。また、ご依頼者様の代わりに交渉したり裁判に出席したり裁判所に出す書面を書いたりすることで、ご依頼者様ご自身の負担を軽減することができます。不動産の案件では、大家さんは賃借人と自分でやり取りするのは負担が大きいでしょうし、管理会社も紛争案件に介入できません。そういう時にこそ、弁護士の出番となるのです。逆に、賃借人側から退去時などの大家さんともめた場合も、ご自身で対応するよりは弁護士に依頼したほうが知識や交渉力の点で安心だと思います。

このように、困っている方の力になったり、代わりに問題を解決したりするのが、弁護士なのです。ご依頼いただければ、皆様の力になることができますので、ぜひ、ご相談ください。

*実際に受任できるかどうかは、個別の案件によります。

取扱い分野について

これまで、当事務所では、未払い家賃回収、借家の退去請求、原状回復請求、敷金返還請求、共有不動産分割、など不動産に関する様々な案件を扱ってきました。
また、交通事故、相続、債務、など、各種分野についても、多数の取扱いがあります。
その他、おもに個人の方からの相談を多数受けてきました。
もちろん、個人事業主や、企業の方からの相談も歓迎します。

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

home 問い合わせバナー 本店電話番号リンク