【コラム】駐車場の立ち退き請求

建物がなくそのまま屋外に車を止めておくだけの駐車場については借地借家法の対象外なので、契約が終了すれば立ち退き請求ができます。

ただし、気を付けないといけないのは、何らかの理由で建物が建てられた場合等に建物を所有する目的の賃貸借と解釈されると借地借家法の適用対象となってしまい、契約終了を制約されてしまうことです。それゆえ、当初契約書を結ぶ際に利用目的を限定し、建物を建てることを禁止しておくこと、万が一契約に違反して建物の建築が始まった場合には直ちに中止を求めること(黙認しないこと)が重要です。建物所有を目的とする土地の賃貸借(借地借家法2条)とされると賃借人側の権利が強くなり、立ち退き請求をできる場合が限られてくるため、例えば、管理するための建物などが建てられたことで建物所有目的であるという主張が出てきて揉めるケースもあるので、注意が必要です。その点、地主が土地を管理して、自動車一台分の区画を個別に貸す方式の場合には、そのような問題が起きる可能性は低いといえるでしょう。借地借家法ができようされない場合は、民法の原則に従い契約自由の原則が妥当するため、あとは契約に従って賃貸借が終了すれば、退去を求めることができます。

当事務所では駐車場を巡る問題についても取り扱い経験がありますので、まずはご相談ください。

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

本店電話番号リンク 所沢支店電話番号リンク 問い合わせバナー