【コラム】賃料未払いによる明け渡し請求の流れ

賃料未払いで退去してほしい場合にどのような流れで退去に進むのでしょうか?

まず、弁護士にご依頼の場合、弁護士から催告書を送ります。そこでは、期限を決めて、それまでに支払われない場合は契約を解除する旨書いておきます。(無催告解除が認められる場合は例外的です) 期限までに支払いがない場合は、再度通知を送り、今度は、賃貸借契約を解除する旨、及び、速やかな退去を求める旨、伝えます。なお、この際未払いの賃料及び解除後退去までの損害金の支払いを求める旨も伝えます。なお、解除が認められるためには信頼関係の破壊が必要であり、一般的には賃料未払いが3か月分に達すれば信頼関係が破壊されたとして解除を認める傾向があるとされています。

 上記にも関わらずに退去してもらえない場合は、裁判所に建物明け渡しと賃料等支払いを求めて提訴することが考えられます。

提訴後に相手方から連絡があったり期日に出廷してきた場合には、和解を試みます。この際、期限を定めてそれまでに退去することを内容とする和解を成立させることも多いです。未払い賃料や損害金をどうするかは、時には交渉の対象になりますが、法律上は原則として契約に従って請求できるものです。

 相手方から連絡がなく、あるいは和解が成立しない場合は、判決に進みます。判決が出てもなお退去してもらえない場合は執行を行うことになりますが、この際にはかなり費用が掛かるので、できれば和解等で解決できた方が良いでしょう。

 上記のような交渉や訴訟をご自身で行うことはそれなりに負担が重いと思うので、アパートやマンションなど賃貸物件の賃料未払いに悩んでおられる方は、まずはご相談ください。

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

本店電話番号リンク 所沢支店電話番号リンク 問い合わせバナー