【コラム】「自動更新」と「法定更新」

建物の賃貸借において、自動更新も法定更新もいずれも更新の際に改めて合意をしなくても賃貸借契約が更新されるので、同じようなものだと考えている方もおられると思います。

しかし、実はこの二つは似て非なるもの、なのです。たしかに、いずれにおいても契約は更新されます。しかし、自動更新の場合は期間も含めて更新前と同じ条件で更新されるのに対して、法定更新の場合は期間の定めがない賃貸借契約に変わってしまいます。もっとも、期間の定めがなくても6ヵ月前に通知すれば解除が可能ですが、正当事由が必要です。ただ、正当事由が必要である点は期間の定めがある賃貸借契約の更新拒絶においても同様なので、その点では賃貸人(大家さん)にとっての違いは大きくないでしょう。それよりも賃貸人にとって重要なのは、更新料を請求できるかどうか、です。自動更新であれば、更新料を定めておけば更新の都度請求が可能です。ところが、法定更新だと、一度更新されるとその後は期間の定めがなくなり、結果、更新という概念がなくなるため、更新料の請求ができなくなってしまいます。もっとも、法定更新時にも請求できる、と定めておけば法定更新がされるその1回だけは請求できるとも考えられますが、その後は更新自体がないため困難でしょう。そういう意味では、いちいち更新作業をするのが面倒だと思っている場合で更新料は請求したいという場合は、更新料の定めとともに自動更新に関する条項を契約書に入れておくと良いと考えられます。

 当事務所では、賃貸借契約書の作成やチェックも可能ですので、まずはご相談ください。立川、所沢、どちらの事務所でもご相談が可能です。お電話か電子メールでご予約の上、ご来訪いただければ、と思います。

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

本店電話番号リンク 所沢支店電話番号リンク 問い合わせバナー